AGAの症状に悩まされて初めて飲んだ薬がプロペシアで、それで効果があまり見込めない場合にはアボルブへとランクアップすることが多いようです。

こうした強力な薬は子作りなどへも大きく影響する副作用もあるので考えている場合いは要注意です。

ここではアボルブの副作用と子作りへの影響についてもう一度考えてみましょう。何も知らずに使い始めてしまうと後で公開をすることになるかもしれません。

 

アボルブの副作用って?子作りができなくなる?

初めに気になることはアボルブの副作用についてです。子作りができなくなる可能性や対処方法があるなら知りたいですよね。子作りに関しては以下の3つについて特に注意をしておきましょう。

1、性欲減退・勃起不全

アボルブの副作用で最も多く聞かれるのがこちらです。男性ホルモンに影響して減らしてしまうのがアボルブの副作用でそこから間接的に起こる症状です。

つまり元気が無くなってしまうことで子作り自体ができなくなってしまいます。もちろんバイアグラなどとい併用をする事はオススメできません。危険性はもちろん、アボルブの効果がなくなってせっかく服用しているのに意味がなくなってしまうかもしれなしからです。

2、奇形の可能性

動物の実験ではなんとも検証をして奇形の可能性は完全に否定されています。だから安心はできる事なのですが、人間に対してはっきりと実験をしていないのが現状です。

奇形の可能性があるから検証をしていることを考えると、はっきりと否定できないので、リスクの一つとしては考えた方が良さそうです。

3、初期脱毛

「子作りと関係ないじゃん」と言われそうですが、コンプレックスがひどくなる事は大きなストレスになりますよね。それが影響をする事は十分に考えられます。

もしアボルブを服用していて脱毛症状が出たら、それが気になってしまうのではないでしょうか?こうした多くの副作用の可能性を孕んでいるのがアボルブだと認識はしておきましょう。

 

その他の副作用は問題がないの?

上記の3つは子作りに関するとアボルブの副作用ですが、それ以外にも「乳房障害、肝臓障害、アレルギー症状、食欲不振」など様々にあります。

そのため、アボルブを服用しながら子作りは危険という判断をすることができるようです。


多くの人は結論としてまずは子作りをして、それからAGAの本格治療としてアボルブの服用を始めることが多いようでした。焦る必要はないですし、他にもできるケアはまだまだ残っています。

無理をしていますぐアボルブを始めようと考える必要はなさそうでした。