フルーツ育毛剤って知っていますか?りんごを食べることで育毛剤がなくても髪の毛が元気になるという話がありました。

どうしてそのようなことが起こるのか?もしくは起こり得るのか?根拠を探してみました。意外かもしれませんが、フルーツ育毛剤って結構、有名で商品化されているものもあるようでした。

 

まずはリンゴ!リンゴの効果は育毛剤?

リンゴを毎日1個食べるだけで育毛剤的な効果があることをフルーツ育毛剤という言い方をする人もいるようです。

実際にリンゴを食べることで育毛や、場合によっては発毛効果も期待できるというデータがありました。

・リンゴ1個で医者いらず

リンゴの成分はカリウム、ペクチン、リンゴさん、ビタミンなど栄養方が書く、薄毛や育毛の効果が期待できるという話があります。

また、リンゴポリフェノールの中にはプロシアニジンが含まれていて発毛成分としても知られています。つまり、含有成分だけみると発毛効果まで期待できるようでした。

・富山医科薬科大学と協和発酵が共同研究していた

研究の結果は東京新聞で以前に発表がされていました。①リンゴの成分によって71%が毛密度が増加、②一平方センチメールあたり22.8本の発毛、③48%の人は硬毛が増加。

リンドをどのように使用したのか、どれだけの期間が必要だったのかはわかりませんでしたがリンゴポリフェノールによってヘアサイクルが正常化された。と言えそうです。

・リンゴの食べ方がいろいろある

嬉しいことはリンゴん丸かじり以外でもフルーツ育毛剤として効果が見込める点です。リンゴの皮に含まれるプロシアニジンは摂取をしたいので丸かじりもいいですが、それ以外にジュースにしたり(丸ごとです)、ジャムにしてもいいようです。

ポリフェノールの成分は熱にも強く、加工をしてもいいことは食べやすくなるので続けやすいメリットです。

 

フルーツ育毛剤の本当の正体

最近評判になっているフルーツ育毛剤の正体はインドネシアのノニが発祥と言われています。頭皮の悩みが少ない現地の人の習慣で「ノニを直接頭に塗る」フルーツ育毛剤という考えがあり、日本人の研究者が目をつけたことに始まりました。


当サイトでオススメをしているランブット自体は育毛剤としての機能はありませんが、頭皮を健やかにすることで髪の毛を元気にシャスク成分が届きやすくなります。

フルーツ育毛剤として考える場合にはランブットと育毛剤の併用をするとかなり効果的なようです。そこに、毎日1個にリンゴを加えれば副作用の心配がなく3つのケアを同時に実践できそうですね。