ミノキシジルを使うと痒くなる、という副作用は度々聞かれます。その他おきの対処方法についてまとめました。

かゆいまま使っていることはいいことではありません(多少ならいいかもしれませんが)。正しい対策と痒くならない方法について考えて見ましょう。

 

ミノキシジルがかゆくならない?原因と対策

ミノキシジルが痒くなる原因は副作用と言われています。あまりにひどい場合はだけですが、AGAの薬によっては初期脱毛などの副作用があることもありますよね。

その点では痒くなるということは頭皮に血行が良くなって、柔らかくなってくる兆候でもあるのです。ただし、あまり痒くなるならば使用をやめたほうがいいですね。

・かゆくなったらどうするの?

ここがいちばんのポイントです。あまりにひどく痒くなった場合はミノキシジルが体に合わない可能性があります。痒くなったらまずしたいことは、シャワーなどで洗い流してしまうことです。

そして絶対にかきむしったりしてはいけません。せっかく頭皮がいい状態になりかけているときにかきむしって傷をつけてしまうことは逆効果になってしまいます。

また、残念ながら今使用をしているミノキシジルの商品は使わないほうがいいでしょう。あなたの肌には合わなかったということです。

・痒くならないミノキシジルの対処方法

実態とは少し違った結論も入ってしまいますが、その後の対処方法はいくつかあります。

一つはミノキシジルの含有量の少ない商品を探すことです。痒くなったものよりも含有量が少なければ、副作用でもそれほど痒くならない可能性があります。

もう一つは意外かもしれませんが育毛剤を変更してみることです。同じ含有量であってもミノキシジルとその他の成分との相性次第では痒くならないことがあります。まさに育毛剤との相性です。

 

オススメの育毛対策はミノキシジルではない?

「髪を元気にするためにはどうしてもミノキシジル使わなくては!」

あなたがこのように考えているならば、それは少し違います。ミノキシジルだけに頼らなくても効果的な育毛剤はいくつもあります。

また、育毛効果が感じられない理由は育毛愛が原因ではない可能性もあるのです。どういうことかというと、育毛成分がきちんと浸透できる環境を頭皮に作っていないのではないかということです。


少なくとも現状で髪の元気がないのであれば今の頭皮環境は悪いということです。育毛剤でこそないですが、頭にフルーツを塗る、というインドネシア伝統の方法によってその環境が作り出せるかもしれません。

ランブットは日本人向けに正しく使った新対策です。ミノキシジルの副作用に悩むよりも新しいアプローチに切り替えてもいいのではないでしょうか?