脱毛症や薄毛の治療薬としてあるミノキシジルは子作りに大きく影響をすると言われています。服用を始めてからあとで知ると大きな後悔となるのでミノキシジルを飲み始める前に確認をしておきましょう。

 

ミノキシジルで子作りはが危険な理由

同様の薬としてフィステナリドが言われていますが、ミノキシジルも同様に子作りややめたほうがいいと言われています。その理由はいくつかありますので、順番に確認をしてみましょう。

子作りを真剣に考えている場合には大げさではなく、絶対にやめたほうがいいようです。

・副作用が心配

ミノキシジルの副作用の中で特に注意をしてほしいのが性欲減退をはじめとする男性の性に関する問題です。当然ですが、元気がなければ子作りはできませんよね。頭皮の悩みを第一に考えすぎてはいけないようです。

・母体の心配

女性に特に気をつけて欲しいのですがミノキシジルは妊娠中や授乳中には触れてもいけないと言われています。

母体を通じて赤ちゃんに成分が伝わってしまうことがあるからです。強力すぎるミノキシジルは無抵抗な赤ちゃんにとっては劇薬です。

・他に安全な方法がある

育毛対策を考えても、無理をしてミノキシジルを服用する理由がありません。育毛成分は認められているもの認められていないものなどを含めると、たくさんあります。

副作用のないものや頭皮を健全に保つことで育毛対策(ヘアケア)とするものなどもあります。

 

子作り中は安全な育毛対策を選びましょう

亜鉛や葉酸、プラセンタなどを使って育毛対策ならば子作りに影響せずに、安心です。そもそも子作りと本格的な育毛対策は一緒に行うべきではありません。

その点では頭皮のケア、程度に抑えた対策までにして、心に余裕ができてから本格的にはじめるべき問題ですよね。無理をせず順番に問題を解決していくようにしたほうが早く結果が結びつくこともあります。