インドネシアの事例からノニを頭皮に塗ることでヘアケアの効果が期待できことは知られています。しかしランブットはノニを直接塗るよりも日本人にあっているようです。

それにはいくつかの理由があり、知るだけでも納得できるものがありました。インドネシアのノニを購入することは困難で難しいだけでなくランブットの方が効果が期待できるとしたら・・・・。どうでしょうか?

 

ランブットが直接ノニよりも効果的な理由

・髪に届ける技術を追加

ノニの成分は有用ですが、新党がしにくいという問題点があります。ノニをそのまま塗るには固すぎて頭皮に塗ることが難しいのです。

インドネシアでは生のノニをふんだんに使っていくらでも塗ることができますが、ノニの入手が困難な日本では税滝うに使えません。そこで毒にの技術として天然のホホバオイルを配合して隙間から頭皮にたどり着くように改良をしています。

 

・リニューアルを通じてヘアケア成分の追加

ランブットでは140種以上といわれるノニの成分以外に「エンドウタンパク」「ケラチン」「卵白ペプチド」を追加されています。

エンドウタンパクは9種類のアミノ酸ではりこしアップが期待できます。ケラチンは紫外線などから髪をガード、そして卵白ペプチドによって頭皮の正常化をしてくれます。ただノニを頭皮に塗るよりもより効果アップが見込めます。

 

・コスパがいい!

ノニを直接購入することがそもそも難しいことは、実際にネット通販などで探してみるとわかります。100%ノニジュースまでは見つけることができますが、ノニそのものを見つけることはできません。

ノニを食べるならばジュースでもいいかもしれませんが、頭皮に塗る場合にはノニそのものの果肉も重要です。つまりランブット以外で同じ作用が期待できるものがないようです。

 

公式サイトの返金保証付きが嬉しい

公式サイトに進むとランブットの価格が安いだけでなく、30日の返金保証もついています。返金保証は利用者にとってはリスクが0になりますが、販売者にとっては大きなリスクとなります。

それでも返金保証をつけられるのは商品に自信があるからで、これまでとは全く違うアプローチを多くの人に試して欲しいと感じているようです。ここまでされていると安心ですね。