ランブットの使用方法は公式サイトにも書かれていますが、ここでもう一度確認をしておきましょう。

何となくみていると大事な点を見逃してしまうことがあるので、一つ一つ確認することも重要です。また、週に2回だけ、となっていますが、その2回はなかなか時間をかけなくてはいけないもののようでした。いざ使用するときに「聞いていないぞ!?」とならないようにしましょうね。

 

ランブットの使い方をもう一度確認

ランブットの使い方は画像と一緒に見て見えるとそれほど大変そうに思えません。以下の4つの点で確認をして見ましょう。

1、週に2回でOK!

育毛剤や発毛剤は常に頭皮に刺激を与える必要があるのでほとんどのものは」毎日の使用になりますよね。

しかしランブットは週に2回だけで十分です。正確にはノニの成分が頭皮の奥まで浸透するには時間がかかるので、週2回のペースで塗り続けて浸透させ続ける、というイメージを持てるようです。

2、液剤を塗るだけ!

ランブットをカップにとって頭皮に塗って行きます。満遍なく全体に行き渡るように伸ばして行きましょう。シャンプーをした後の頭皮が綺麗な状態で使用をする方がいいようです。

3、有用成分を浸透

頭皮に濡れた後は全体を30秒くらいマッサージをしてじっくりと浸透をさせて行きます。ここまでの流ればお風呂場で髪を洗うついでに行えばOK。これだけを見ているとそれほど難しい使い方ではないように感じますよね。

4、すすいで終了

最後は温かいシャワーでざっと洗い流すだけです。この際、もう一度シャンプーをしたり。リンスをしたりして余計な成分を混ぜないようにしましょう。

ほとんどの場合は問題ないようですが、使われている成分の相性によっては効果が感じられなくなることもあるようです。書かれていることをそのまま実践することも、効果が実感できるポイントです。

 

注意点は?用法・用量の話

ここまでの流れを見てみると「ランブットって簡単じゃん。使い方を見て、すぐにでもできるな」と思うかもしれません。しかし、実際に商品が届いてみると意外なことが起こるようでした。


一つめはランブットの1回分の量です。

リニューアルをして容量を減らすことはできましたが、それでも30g以上を使用します。独自の判断で「これなら少なめでもいっか」と勝手に容量を変えてしまうことのないようにしましょう。


もう一つは有用成分を浸透させるまでの時間です。

マッサージは20秒から30秒となっていますが、その後、15分?20分の放置時間が必要です。これは長い!当然ですが、15分よりも20分おいた方が浸透はしますよね。20分、何をして待ちますか?そしてどうやって測りますか?


逆に考えるとこの問題さえクリアできるならば、ランブットの使い方はバッチリです。ちょっと厳しく感じたかもしれませんが、ここを押さえておけばあなたの頭皮のコンプレックスが解消される大きな一歩になるでしょう。